道具の紹介


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ゆがけ(弓懸)
 弓は、弦を親指の付け根に掛けて引くが、そのとき弦によって親指を痛めないように保護するためのもの。「かけ」ともいう。鹿革製のものもある。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 弓には大まかに2種類の長さがあり、身長や手の長さによって使い分けている。その差は5cm程度だが約2m20cm。
弓にも強さがあり、最初はは弱い弓から始める。強い弓ほど矢が速くまっすぐ飛ぶ。高校生の弓を引く力は、女子はだいたい12〜13kg、男子は15kgである。
 
 下に写っているのが矢で、以下で説明します
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 矢には人によって適した長さや太さがあり、自分専用の矢を作る。このとき、自分の好きな色の羽を選ぶことができる。
 また、矢は湿気に弱いため、雨の日には矢筒(二枚目)に収める。大会などの時にもこれに入れて持ち運ぶ。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 直径40cmの円形の木の枠に的紙を貼ったもの。そのため裏から見ると空洞(二枚目)。たくさん穴が開くので週に一回ほどのペースで張り替える。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
巻藁(まきわら)
 藁を束ねたもの。初めは的ではなく、これに向かって射る。練習用として使われる。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
弓道着
 弓道着は上は白の道着、下は黒の袴を着る。男子用と女子用では帯を巻く位置など、少し違うところがある。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


写真にポイントを 乗せてね!