授業の特色

2学期制を採用〜密度の高い50分授業

 基町高校では、授業と行事の時間確保のために2学期制を導入しています。授業は1単位時間50分で、密度の濃い授業を行っています。また、学習時間とクラブ時間の時間確保のバランスを考え、週3日間は7限授業で、他の2日間は6時間授業となっています。
 授業内容・カリキュラムは難関大学等のあらゆる大学入試に対応したものになっています。内容は高度ですが、生徒が理解できるまできめ細やかな指導を行っています。また、英・数・国の教科を中心に少人数の授業を多く行っています。生徒も予習・復習をしっかり取り組み、放課後や土曜日などには先生に質問し指導を受けるなど、意欲的に学習に励んでいます。

 

志望校合格の実力養成

 基町高校では生徒の通塾率が低いと言われています。学校では授業の他に補習授業、個人添削指導などが充実しており、難関大学に合格する力をつけることができます。実際、多くの先輩が塾に行かず学校の勉強だけで、東京大学・京都大学や国公立大学医学科に現役で合格しています。

 

力をつける課題

 基町高校では、第2学年前期までの家庭学習時間の目標を週25時間としています。つまり、平日3時間・休日5時間の家庭学習が目標です。課題もこの時間を意識して、各教科から出されます。高校で学力を伸ばすためには、家庭学習習慣の確立は必須のことです。最初は大変だと思う人がいるかもしれませんが、徐々に勉強することに慣れてきます。例えば、はじめの頃に1時間かかっていた英語の予習も力が付いてくるに従って、次第に短時間でできるようになってくると多くの先輩が語っています。さらに、周りのみんながきちんと家庭学習をしていますから、苦しいときでもみんなと一緒に頑張ることができます。長距離通学の人も電車の中などをうまく利用して、学習時間を確保しています。

 

 

 

 

 

 

 

教育課程 CURRICULUM