創造表現コースの活動

●多彩な行事

 創造表現コースの行事として、毎年アステールプラザで開催している作品展や、2月に開催する創造表現コース卒業作品展などがあります。その他、市内デパート、図書館、公民館などでも作品展を実施しています。作品展では、日頃の活動や学習の成果を発表し、今後の活動や学習に生かします。また、1、3年次には県外での研修があり、2年次には修学旅行の中で研修を実施しています。研修では各地の美術館や博物館・大学を見学し、また各地でスケッチや体験学習などを行っています。その他、大学との連携授業や小・中学生対象の美術講座も実施するとともに、「次世代と描く原爆の絵」などの校外主催の行事にも積極的に参加しています。

 

創造表現コース研修

各地の美術館、寺社、美術大学などを訪ね、見学することにより、創作活動や進路研究に生かします。

@創造表現コース1年次研修(3月/倉敷・尾道) 
これまでに訪問した主な研修先/倉敷美観地区、倉敷芸術科学大学、大原美術館、華鴒美術館、田中美術館、尾道大学、尾道白樺美術館など。

A創造表現コース3年次研修(4月/奈良・京都・大阪)
これまでに訪問した主な研修先/東京芸術大学、京都市立芸術大学、京都造形芸術大学、法隆寺、興福寺、薬師寺、東大寺、国立民俗学博物館など。

B創造表現コーススケッチ研修(5月)
これまでに訪問した主な研修先/ウッドワン美術館、土師ダム、八千代の丘美術館、奥田元宋・小由女美術館、国営備北丘陵公園、蘭島閣美術館など。

 

進路研究セミナー(7月)

分野ごとに大学の先生をお招きし、学部・学科の研究内容や授業内容についてお話いただき、進路研究に役立てます。美術デザイン分野では広島市立大学芸術学部、尾道市立大学芸術文化学部などの大学から先生をお招きします。

 

集中講座(8月)

各講座において専門家より指導を受け、深い知識、豊かな感性と表現技法の習得を目指します。
これまで実施した主な講座/版画講座、ステンドグラス講座、七宝講座、染色講座、彫塑講座講座など。

 

修学旅行 進路コース別研修(10月)

修学旅行では、進路コース別に研修を行います。創造表現コースの多くの生徒は、美術デザインコースに参加し、美術館や美術大学を中心に訪問します。
これまで訪問した美術館や大学/三鷹の森ジブリ美術館、国立新美術館、森美術館、上野の森美術館、国立西洋美術館、東京芸術大学、武蔵野美術大学、多摩美術大学など。

 

美術系大学入試対策講座(通年)

美術系大学の入試に備えて、各分野ごとの実技対策を放課後や長期休業中に実施します。専攻別の実技対策講座や、年間10回の校内実技模試を実施し、入試に対応した実技力を身につけます。

 

美術専門講座(4〜6月、11〜12月)

放課後の美術部活動では、実技研究を行う専門講座を実施しています。第1学年から第3学年が全員で取り組み、先輩との交流も活発です。
主な開講講座 /陶芸・ステンドグラス・染織・油絵・古典技法・人物画・クロッキー・彫塑・アニメーション・イラスト・デザイン・日本画・七宝・グラフィック・CGなど。

創造表現コース

創造表現コースオリジナルサイトはこちら