校章・校訓・サブモットー


校章の由来について

 校庭の梧桐をもって、基町高校の表象とし、その果実3個と葉3葉とを組合せ、その上に「高」の字を配したものです。この木には、鳳凰がつねに来て宿り、その葉につつまれ実をついばんで、いよいよ気高くなるといわれています。生徒ひとりひとりが鳳凰たる自負と襟度をもって、心身の錬磨に精進することを念願したものです。


校訓「自主自律」

  生徒ひとりひとりが、自分は今どうあるべきか、何をなすべきかを、責任をもって考え判断し、行動することができるようになってほしいという期待と願いのこもった校訓です。生徒は、自己の言動が周囲から信頼されるように努め、自主自律を体得、実践しています。

 

 

「 継続は力なり〜敢行・貫行・慣行」 

 この言葉は、校舎改築にともなって姿を消した旧キックボードに記され、生徒達を日々励まし、いつしか、サブモットーとして定着したものです。
 同窓会から寄贈された新キックボードにも、スクールカラーである嚥脂(エンジ)色でこの言葉が引き継がれ、校訓とともに大切な銘として基高生の心のよりどころとなっています。




 


学校案内 SCHOOL GUIDE